WTW
WTWが提案する
ライフスタイルを
そのまま表現した住宅

WTW HOUSE PROJECT

WTWが描くライフスタイルを
そのままかたちにした「特別な家」

カリフォルニア・マンハッタンビーチの
街並みを思わせる、


⽩塗りの外壁と⽊の質感のコントラスト。


ビーチの⾵を感じさせる、
吹き抜けのリビング、


⼤きな窓からひろがる
ウッドデッキ......


WTWショップのエッセンスを
随所にちりばめた


「特別な家」をあなたに。

Collaboration

ライフスタイルショップと
住宅メディアによる
新しいスタイルの家づくり。

WTW HOUSE PROJECT

Dolive

家をもっとカジュアルに楽しむために生まれた新しいメディア。ウェブサイトを中心に、日々の暮らしをもっと楽しくする情報や、クリエイターや人気ブランドとコラボしたデザイン住宅などをお届けしていきます。
×

WTW

ブランドネームの由来は「Waiting for the wave(波待ちの時間)」。“URBAN” “SURF” “NATURAL” をコンセプトとし、都会と自然、両極を楽しむライフスタイルを持つ人々に向けたライフスタイルショップです。

“URBAN” “SURF” “NATURAL” ......

「WTW」が描いてきたライフスタイルを
もっと思いっきり楽しんでもらいたい……
そんな思いから生まれたアイデア。
それが「WTWのエッセンスを凝縮した家をつくること」でした。
これまでも店舗を中心にさまざまな空間を手がけてきた『WTW』が、
家づくりのパートナーに選んだのが、
家づくりと暮らしをもっとカジュアルに楽しむために
立ち上がった新しいメディア『Dolive』。
こうしてWTW HOUSE PROJECTがスタートしました。

サーフィンを愛する人、
海が好きな人、心地いい空間が好きな人、
リラックスした時間を愛する人......
そんな人たちが住みたくなるような家を目指して。

WTW HOUSEで過ごすある休⽇

6:00AM
6:00AM

朝のひとときが気持ちいい。
それだけで今⽇が輝きはじめる。

よく晴れた休⽇の朝。
窓を開け放ち、新鮮な⾵と、きらきらした光を取り込む。
⽯張りのカウンターで、まずは⽬覚めのコーヒーを⼀杯。
今朝はふたりでちょっと気合いを⼊れて朝⾷をつくることにした。
朝の気持ちいいひとときが、
これからはじまる⼀⽇への期待感を⾼めてくれる。

10:00AM

気がつけばいつもここにいる。
そんなお気に⼊りの場所。

穏やかに吹く⾵。やわらかに差し込む光。
かすかに聞こえてくる波の⾳。
⽬に⾒えない「気持ちよさ」のうねりが、
吹き抜けの⼤空間で混ざり合う。
気がつけばいつもここにいる、私のお気に⼊りの場所だ。

6:00AM
6:00AM
10:00AM

海も、空も、ひとりじめに。

⽩い外壁と相まって落ち着いた雰囲気を
演出してくれるウッドデッキ。
ここは、庭のようでもあり、リビングの⼀部のようでもある。
でも、そんな区別はどっちでもいのかもしれない。
だって、⽬の前に広がる海と空をひとりじめできてしまう、
贅沢な場所なのだから。

10:00AM

光と⾵に愛される空間は、
すみずみまで⼼地いい。

この家は、たぶん、住む⼈と同じくらい、
光や⾵たちのことを⼤切に考えていると思う。
⼤きな窓、吹き抜け、黒い鉄⾻階段……
光や⾵たちが⾃由に動き回れるように、
光や⾵たちに愛されるように。
さまざまな⼯夫が施されている。

6:00AM
6:00AM
10:00AM

⼟間をつくると、
⽞関は楽しい基地になる。

ターコイズブルーのドアを開けると、
フラットなコンクリートの⼟間が広がる。
サーフボードやスケートボードや⾃転⾞をまったり、
飾ったり、メンテしたり……使い⽅は⾃由⾃在。
やりたいことを、やりたいときにできるこの場所は、
⼤⼈のための秘密基地のようでもある。

10:00AM

⻘の空間に包まれて、
静かに、深く、⼼地よく。

⼤きく開かれた1階のLDKに対して、
2階のベッドルームは、静かに閉じたプライベート空間。
ブルーのクロスを基調にした落ち着いた雰囲気、
広々としたバルコニーに、
余裕たっぷりのウォークインクローゼット……
充実した⽇々を楽しむために必要な、
最⾼の休息がここにある。

6:00AM

Layout
間取り

1F

特徴的な⽞関を家全体の顔として正⾯に配置。
また、サーフィンや⾃転⾞などのアクティビティにも便利な広い⼟間も設けました。
室内は吹き抜けとアイランドキッチンを中⼼に、家事動線や家族同⼠のコミュニケーションを意識した間取りになっています。

1F

家族それぞれが暮らしやすいよう、3つのベッドルームとフリースペースを配置。
仕事や趣味、勉強、家族共⽤の読書スペースなど、使い⽅は⾃由⾃在。
また、バルコニーを通って回避できる動線も、特徴の1つです。

外観 外観

※掲載内容については、消費税を含まない商品本体の価格であり建築する際には付帯⼯事や登録に係る⼿数料等、別途費⽤が必要となります。
※掲載商品に関する付帯費⽤につきましては、地域、気候、その他の理由により変動することがございます。内容につきましてはお問い合わせください。
※掲載の写真には⼀部標準仕様でないものが含まれています。また、家具、調度品、電化製品、植栽等は含まれていません。
※掲載の画像はイメージです。実際の商品と異なる場合がございます。

お気軽にご相談・
お問い合わせください

コアハウス
コアハウス

0120-01-8824

〒425-0072 焼津市大住915

素材工房
素材工房

0120-54-0215

〒426-0003 藤枝市下当間618-2

お問い合わせフォーム

ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

下記の必要項目にご入力いただき、「送信」ボタンをクリックして下さい。
クリックすると、お問い合わせの送信が完了します。

※[必須]が付いている項目は必ず入力して下さい。
※会員の方も、大変お手数ですがご入力ください。

お名前
[例] 山田 太郎
お名前ふりがな
[例] やまだ たろう
メールアドレス
電話番号 - -
[例] 0120-01-8824
ご住所
[例] 〒425-0072

[例] 焼津市大住915
どちらのサイトでWTWをご存知になりましたか?
その他ご意見・ご要望など

※送信完了して画面が切り替わるには、数秒~数十秒かかる場合があります。クリックは1度だけでお願いします。